805 「年末とニコン」 12月30日


ニコンのコンデジを買いました。

軽めのスペアボディが欲しかったので
ホットシューの付いたコンデジを選びました。

1000万画素でセンサーの大きさもそ こそこ。
あまり期待していませんでしたが、
写されたプリントにビックリしました。

A4に伸ばしてみましたが、
もう十分印刷に耐えられます。

ただ一眼に比べるとナチュラルさに欠けますが
そこはレタッチで何とかなりそう。



ホントにノイズが少なくなりました。

昔、このクラスはノイズだらけで、
印刷に耐えられるものではなかったですが
技術は進んでいるのだ・・・。



このクラスのカメラには
キャノンの製品もあります。

おそらくキャノンの方が使い勝手がよく
おまけに写真もきれいだという話です。

じゃあキャノンで良いじゃないか、という話ですが
ニコンのカメラを握った時に軽いときめきがありました。

すべてカタチの違うボタンやダイアルが
いろんな場所に点在していて
おまけにデザインなんて、ほとんど分裂し
泥臭い雰囲気に満ちあふれています。



でも誠実さを感じるのです。

ボタンやダイアルの感触がとても良く、
外装も金属で、グリップの素材や形状も文句なしです。

デザインはダサいが、開発者が一生懸命に作った、
そんな思いのようなものが感じられるのでした。




たしか2000年頃。

カメラメーカーがそれまでのノウハウを注ぎ、
10万円を超すような高級コンデジを
本気で作っていた時代がありました。

その頃の名残りがこのニコンからは
感じられるような気がします。




でも値段は安いんです。
完全に値崩れしていますよね。

この夏に出たばかりなのに
こんなに安くて大丈夫か・・と心配になります。




でも外に持ち出したくて
ちょっぴりワクワクしています。

ではまた。













 

 

804 「EXILEの夢」 12月26日


EXILEのメンバーになっている
そんな夢を見ました・・・。

特にEXILEが好きだという訳でもなく
夢っていつも何でなんでしょうね。

曲だってチューチュートレインしか
知りません(これEXILE・・・?)



EXILEはかなりの不良といっていいでしょう。
まあEXILE(ならず者)ですからね。

クルマはコンクリート打ちっぱなしの
地下の駐車場に停めてあります。
トヨタだか何だかの黒い大きなバンです。

みんなすでに黒いスーツを着て
横位置列に並び、大きく腕を振って歩きます。

前から歩いて来る人に
「オラオラッ!」と威嚇します・・。



クルマに近づくにつれ、小走りになります。
何故かと言うとみんな、運転したいからです。

「オレが運転だ!」
「バカやろう、オレだよ!」
「なに言ってやがる、オレ様だ!」
とかなりのヒートアップ。

運良く運転手になれたものは
窓から大きく肩を出し、エンジンを拭かして
キキキキー!とホイールスピンさせながら加速。

一般道と交差する駐車場の出口でジャンプします。
その時点で130キロくらい出ています。
ほとんどダイハードですけどね・・・。




車内で後ろを振り返ると色の黒い人たちが
バタフライナイフの刃を舐め回しています。

目が合うと「うおりゃー!」と威嚇されます。
もしくは挨拶なのかもしれません・・・。

ものすごい不良ですよね。



という感じのEXILEの夢です。
もちろん本物はまったく違うと
思いますけれど・・・。

ではまた。






 

 

 

803 「サイクリング/羽田周辺」 12月23日



大森近くの海辺公園。

人工の浜辺とはいえ
見下ろす風景は清々しいです。


冬ということもあるのか、
水は意外ときれい。

泳ぐのは躊躇しますが
走るのは気持ちが良さそうです。



スベリ台。

ちょっと滑ってみたかったが
子供を連れた親がたくさんいたのでやめました。

オッサンがひとりでやって来て
わーい!って滑ってたら
ちょっとコワいですよね・・・。



埋め立て地も時が経つと
立派な森になるんですよね。

チャリでガンガン降りて行きました。



天気が良かったのでコンビニでおにぎりを買い
海の見えるベンチで昼ご飯。

振り返るとネコが・・・。

視線を外して敵意がないことを
アピールしている。

おにぎりを狙っているのだな・・・。



おにぎりをくれないことに業を煮やし
敵意のない細い目で催促をはじめる。

しかしボクも昼飯なので
やるわけにはいかない。

余分は買って来ていないのだ。
すまん・・・。



しばらくして振り返ると
真後ろにいる・・。

ぎょえー!

やはり目は合わせない・・。

しょうがないので
シャケおにぎりを半分やる。

なのにゴハンを残して
シャケだけ食べた(涙



プラタナスが落葉しています。

道が石畳だったらほとんどパリですが
日本ってだいたいアスファルトなんですよね。

実用的ではあるのですが
まったく色気がないです。

円形の森に囲まれた芝生の広場の真ん中に
3本の大きなケヤキがあります。

夏であればずいぶん心地のいい
木陰なのだろうと思います。




東京には公園がたくさんありますが
実は湾岸エリアにも結構あります。

何といっても人が少ない。
大声で歌いながら走っても
誰にも迷惑をかけない・・・。

郊外に出て渋滞に巻き込まれるくらいなら
たまには人のいない湾岸を散歩するのもいいです。

違った東京が見えるような
そんな感触があります。




写真は携帯電話のカメラ、
800万画素で撮影しています。

もちろんレタッチしていますが
おっ、結構使えるのでは・・と。

でも印刷してみたら
まったくダメでした。

ストレートで出すならともかく
レタッチには耐えられない画質でした。

ウェッブで使うのにはいいんですけどね。
なかなか簡単にはいかないものです。

ではまた。


 

 

 

 

 

 

 

802 「高校生レストランと昨日」 12月14日


9月に行った高校生レストランの
クックブックが完成しました。

デザインも明るく元気な感じで
彼らにとてもよくフィットしていると思います。

思い返せば、かなり多忙ではありましたが
今年はいろいろと記憶に残る夏でした。




 



これは昨日の写真。

近所の神社があまりにきれいだったので
思わず電話を取り出し、パチり。

イチョウの葉で埋め尽くされています。

歩くとサクリサクリと心地良い音がして
今がいちばん風景が色づく、
良い季節なのかもしれませんね。

ではまた。

 

 


 

 

 

801 「LEDライト」 12月1日


とりあえず来年もいくつかの
レギュラーが続きそうな感じです。

やはり相変わらずロケは多そうで
大荷物を担いで日本中を転々としそう・・。

ヒジもやられたし、将来を考えると
やはり荷物は軽いに越したことはありません。



で、買ったのがLEDライト。

この大きさ、軽さからは
想像できない明るさです。

LEDが36個ついていて、
直視すると目が眩みます・・・。



カメラシューが付いているので
本来の用途としては動画用だと思います。

でもブツだったら、ディフューズして
手持ちでも撮れますし、自然光とも相性が良いです。

グリーンの色かぶりがややキツいので
食べ物なんかだと色の調整が必要です。

モノはちょっとアンニュイな感じで
逆に良いかもしれません。



ただストロボと比べたら光量も少なく、
動きを止めることが出来ません。

でもストロボにトラブルがあった場合でも、
工夫さえすれば、怒られない程度に
見られる写真が撮れそうです・・・。



何かと機材の制約が多い地方ロケですが
保険のライトとしてバッグに放り込んでいます。

故障しなくても手が滑って、落下・・・、
なんてこともありますからね。

ストロボは2回、カメラは5回ほど
落下させたことがあります。

でも動かなくなった、ということは
一度も無いのですよね。

プロ用の機材ってすごいんだな、
といつも感心しますが、
ボディが割れたりしてるので
かなりの出費なのでした。

トホホ・・。









top