769 「地方ロケオワリ/花粉症ハジマリ」 2月27日


北陸ロケから舞い戻りました。
旅ガラス・男カワダです。

飛行機で小松に入り、そこから福井に激走!
さすがにくたびれました・・・。

カメラマンである以前に
旅人であります。

気がつけば2月も終わりに・・・。
ああ。




とうとう花粉症の季節がやって来ましたね。

四半世紀の花粉症キャリアである、旅ガラス・男カワダにとって
とてもつらい季節の到来であります。

当時は花粉症だなんて言葉はなくて
単なるアレルギー、と。

体質改善!という言葉の元に
得体の知れないクスリをずいぶん飲まされたものでした・・・。




今年は花粉が多い!と訊いていたので
かなり気合いを入れて準備をしました。


1)目を洗う。

今までやったことがなかったですが、
目のゴロゴロがなくなる感じがします。

コンタクトを使う人は
慣れているのかもしれません。


2)ハナを洗う。

これは苦しい。
洗面所でゲホゲホ、ゲーゲー。

しかしこれが良く効くのでした。
花粉を洗い流し、ハナ通りが良くなる。

なんで今までやらなかったんだろう・・と
簡易器具が手放せなくなりました。


3)花粉用サングラス。

これもだんだん充実してきました。

まったく普通のグラサンと変わりません。
UVカット。
でもって、ビビるほど安い。

4)マスク。

グラサンをしても曇らないマスクが増えて来て
一緒に使う機会が多くなりました。

でもグラサンにマスクだなんて、
どう考えても絵に描いたような犯罪者の様相ですからね・・・。

それでも僕くらい良い人になると
怪しさだなんて微塵も感じられませんけど・・・。

チャオ。








 

 

 

768 「名古屋/大阪」 2月22日

PR紙撮影のために名古屋入り。

時間があったのでコメダコーヒーで
シロノワールでも食べようかと・・・。

もう昼前だし、まずはゴハンでも食べるか、
とカツサンドをオーダー。

出て来たのはA5くらいあるカツサンド・・・。
これはマジですか・・・。

おまけに厚切りトーストと
ゆで卵が付いて来た。
なんで・・・。

さすが名古屋のモーニング文化・・・。
マンプクになる。

とてもシロノワールなんて入らない・・。

翌日は大阪で撮影。

もうとにかく何でも美味そうで
食べ続ける・・・。

常にマンプク状態で
ひと時もハラが減らない。
く、苦しい。

ロケで美味いものを探すのは
とても楽しいのでした。

新幹線に飛び乗り、帰京。
はーくたびれた。

旅は続く・・・。

 

 

 

 

 

767 「さあこい!」 2月20日


長らく生きていると好みも変わります。

嫌いであったものが好きになったり
逆に興味を失ってしまったり。

というか、ほとんどどうでもいいものだ、ということに
気付かされます(僕の話ですよ・・・)。

自分にとって本当に大切なものは少ない。
物質ではないですね。

もちろんカメラだって、車だってとても大切です。
もし無くなったら泣くでしょう・・きっと・・・。

でもまた買えばいいと思うんです。
頑張って買えばいい。
そう思います。



じゃあ何が大切なのか。

いろいろ考えてみましたが
おそらくフィーリングなのだ、と思います。

カメラで言えば、フィルムとかデジタルとか
車ならガソリン車とか、電気自動車とか
そんなことはどっちだっていいんです。

ただ結果として、訴えかけるものがあればそれでいい、
と僕は考えています。

本当はどうか、とか
実際はどうか、とか
そんなことはどうでもいいんです。

どう感じるのか。
それが今はいちばん大事な基準です。



「アタマで写真、撮ってんじゃねえか」と
言われたことがあります。

確かにそうかも知れない・・と
おおいに反省しました。

伝えようとし過ぎて
逆に伝わらない。

その場の雰囲気とか、「何となく」という
そんなフィーリングを無視すると伝わらなくなる。

写真は脳で撮るものではなく
スポーツなんだ、と最近は思っています。

考えれば考えるほど
ツマラナくなる。

講釈だとか、解釈だとか
そんなことどうだっていいじゃないか、と思います。

感じたそのままを
ストレートに撮る。

後頭部をバットで殴られたような
そんな力強い衝撃の方がいさぎよい。

メロウな表現が理解できない訳ではありません。

ただ今は直球勝負が感覚に
フィットしている気がします。

絶対にド真ん中のストレートしか投げない。
そんな気持ちです。

 

 

久しぶりのYOU TUBEです。

声や歌詞も良いと思いますが
それ以上に感情というか
波動というか、そんなものが伝わります。

本当に残念だな、と思います。

「僕が僕であるために」
http://www.youtube.com/watch?v=uqQ4vvTdvEk












 

766 「スノーモンキー/白馬」 2月17日


新幹線で長野に入り
レンタカーで山に向かいます。

国道はきれいに除雪されていますが
やがて圧雪されただけのワイルドな道に変貌・・。



車を停め、冬期は通行止めになっている道を
登山靴に履き替えて、エッチラオッチラ歩いて行きます。

天気も良くて気持ちのいいトレッキングでした。
温まったカラダに冷たい空気が心地良い。



モンキーがやって来ました。

人間なんて存在しないかのように
ゆっくりと脇を通り過ぎていきます。

表情も動きも穏やかで、サルにありがちな
ヒステリックな印象はまったくないです。



で、今回は温泉に入るオサルの撮影。
仕草が人間のようでオカシイです。

オシリからヨイショ・・と入浴する図です。

面白い写真がいくつか撮れましたが
まだお見せできない段階なので、別の機会に。



長野で1泊し、翌朝白馬に移動。
ここでは外国人の撮影です。

最近、日本のスキー場には南半球からやって来る
外国人が多く、英語で書かれた看板もよく見かけます。

印象で言うとスノーモンキー見物も
白馬も半数近くは外国人、という感じですね。

今回はそれらを伝える取材でした。



白馬では機材抱えてリフトを上がり
彼らがやって来るのを待ち構えます。

でもなかなか思ったような絵が撮れなくて
凍えてカラダが冷えきりました。

たぶんこの2日間で
30回くらいトイレに行きました、マジで・・・。



なんとか撮影を終え、
下りのリフトで凍えながら麓に。
(リフトで降りたのは初めて・・)

荷物を抱えて降りて来る僕を
反対から上がって来るスキーヤーたちが
不思議そうに眺めていきます・・・。

「気合い入れて登ったけど、ヘタクソで泣いて降りて来たんだ」とか
「調子のってスキー板を無くし、ベソをかいてるんだな」とか
そんな風に思っているのだ、きっと。
くそー。

ロケは続く・・・。



 

 

 

765 「連写と新年会」 2月13日


今日は朝から大井埠頭で自転車の撮影。
今大井埠頭は自転車のメッカらしい。

先日、雪の中ロケハンしましたが
今日は清々しい晴天で助かりました。

今回は連写が必要なのでハイスピードの
CFカードをカメラに挿入。

取説を見ながら書き込みに悪影響を与えそうな
カスタムファンクションも解除。

面倒な作業ですが、これをするのとしないのとでは
まった速さが違います。

これまで何度も現場で痛い目に会い、
詰めの甘さを痛感してきました。

スピードのある被写体は撮れるタイミングが限られているので
とにかく切れるかぎり、連射し続けます。

構図は良いんだけどフォームが良くない、とか
すべて最高だけど、ピントが来ていない・・とか
ベストと思える写真を得るのはかなり難しいです。

それゆえどれだけ使える写真が撮れるか、
まず数が大切なんですよね・・・。

「使える写真、これっぽっちですか・・」と
言われないためにも・・・。




先日は関西カメラマンの飲み会でした。
上京組が何人かいたので、そのお祝いでもあります。

仕事の少ない今の環境で、どのように立ち振る舞えば良いのか、
というのが大きな関心事のひとつでした。

上京した若手たちも営業をし、いろんな人たちと会って
今の東京の厳しさを実感したようです。

活躍しているベテランの方々でさえ
「こんなの経験したことがないよ」と口を揃えますものね。
そりゃ大変です。

でも愚痴っててもしょうがないと思うんですよ。
そんなことを口にしても何も変わらないし、
僕ならそういう人とは仕事をしない。

こんな状況でも何とかブレイクスルーしようとする姿勢や
心意気がある人と共にいないと自分が腐ります。

今、大切な事は文句を言ったり、誰かのせいにしたりする事ではなく、
この時間に何をすべきかということを考えることなのではないのでしょうか。

それはたくさんの人と会う事なのか、
または技術を高める事なのか。
もしくはその両方なのか・・・。

不満を述べる事で何かが変わるわけでもないし
新しいものを生み出せるわけでもありません。
強いていうなら自分の値打ちを下げるだけでしょう。

言葉や行動の中に前向きさがある。
何とか突破口を見つけようと黙々と仕事をする。
不平を漏らさない。

僕ならそんな人と仕事をしたいですね。
たぶん誰しもそうなのではないのでしょうか。




仕事をくれた人たちに喜んでもらえる写真を丁寧に撮る。
それが今できる、大切なことのひとつだと思います。

ろくに仕事がないこの時期に
自分に声を掛けてくれるだなんて。
ありがたいですよ、ほんと。

新しい仕事を得ることも大事ですが
繋がっている関係が切れないように育てていく。
そして感謝を忘れない。

そうすれば少しずつ環境は良くなると
僕は考えています。

長くなりました。










 

 

764 「大阪ロケ 1102」 2月6日 

気がつけば2月・・・。

意外にあわただしく、
時は過ぎていきます。

新幹線で大阪ロケに出かけました。

実家から持って帰りたい荷物があったので、
早朝から車で出かけたかったのですが前夜は仕事の打ち上げ。

酒も飲んでいますし、あきらめました・・・。



持って行った機材。

今回はレンズ2本ですが、もう1本で良いのでは・・と思っています。

APSサイズの標準ズームはF値が暗いものの、
素直なボケで個人的には嫌いではありません。

倍率も高く、ワイドからそこそこ望遠まで使えるので
カッチリと撮るような仕事の場合は、これ一本でいけそう。

ただ大口径やシフトレンズなどを使いたい時は
今まで通りフルサイズセンサーのカメラを使った方が
被写体との距離感をつかみやすいかもしれません。

まあ慣れだと思いますけれど・・・。
何もなければ、コンデジでも仕事に使えそうな気はします。



大阪に来れば粉モノを食べないわけにはいきません。

これはしょう油味のネギ焼き。
かなりうまい!



驚きの豚玉モダン。

生地はふわふわ、豚肉はサクサク。
これは感動しました。
おおお・・・。


カキ入りのお好み焼きも食べましたが
また写真を撮り忘れました・・・。

これも美味かった。

カキが硬く、小さくならず
生のようにプルンプルン。

生地にキャベツが多めに入れられ、
あっさり目に作られています。

その分、カキの繊細な風味が感じられる・・という
小ヒザを叩いて、アンタはエラい!と叫びたくなります。


お好み焼きというものは、おいしいけれど
古典的なものだと思っていました。

ですが今回食べたものは僕が知っているものよりも
格段に進化していましたね。

使ってる材料がそれほど変わっている訳でもなく
たぶんタイミングであったり、サジ加減であったりするのでは
と考察しています。



ビーツギャラリーにも少し顔を出します。
来週、O島さんが上京し、新年会があるのですが
ちょっと予定が立たず。

楽しそうだから、ぜひ出席したいのですけどね。

ギャラリーからホテルまでMくんに送ってもらう。
いつもサンキュー!



教育ママです(チョー嘘です)。

ここのコーヒーが好きなのよ、と
丸福コーヒーに連れて行ってくれました。
たしかに深煎り豆でうまい。

コーヒーも昼ご飯も年金で奢ってくれました。
お礼にスタバに行き、豆を買ってあげる。

「ここの紙コップが苦手なのよね」と母。
そんなの考えたこともなかったですね。

頼めばマグで出してくれるよ、というと
目をキラーンと輝かせていました・・・。

でもホンマ、おばあちゃんに似て来たな・・・。



で、お土産にとくれたのが、
缶に入ったヨックモックのいちばんでかい詰め合わせ・・。
25Lのリュックがパンパンに・・・。

ホテルで機材などの荷物を受け取るものの
さすがに動きにくいので、お菓子をリュックにザザーッと流し込みます。

そして缶をフロントの人に無理言って
処分してもらいました。
もちろんお菓子をつけて・・・。

腹が減ったので新幹線で
ボリボリ、ボリボリ・・・。
かなり減りましたけど。

チャオ。

 

top