853  「変わる街並」 9月30日


大阪入り。

東京は寒かったですが
新大阪はムッと暑いくらいで
なんかバンコクもこんな感じだったと
ふと思う。



O島さんに会いにビーツギャラリーへ。

ニコンサロンの写真展で帰阪してた
プカヤーディオも偶然やって来る。

東京では集まれる場所もないですから
こうやって写真の話ができるのは楽しい。

またお伺いします!



この街で育ったのに
見たことも無い景色が広がる。



上京してからかなりの時間が経ったのだと
街の変わりようを見て、感じ入る。

ここで過ごしてきた時間を懐かしく思えるのは
遠く離れてしまったからか、
もしくは歳をとったせいか。

あるいはその両方かもしれませんね。




ハタチくらいの頃は自分が東京で暮らすなんて
思いもしなかったし、なんとも不思議です。

写真に対する自分の想いが熱過ぎて
いろんな人と傷つけあって、愚痴ばかり言って
そんな自分に嫌気が差したりもして。

多くの不満の蓄積があったものの、
最後に僕の背中を東京に押し進めた、
そんな出来事があったはずなんですけどね。

それが何だったのか、
今となっては思い出せません。




結局はどこで何をやるのも
大変だとわかりました。

ただ言い訳のできない今の環境の方が
自分に合っているんだろうなあ、とは思います。




ではまた。

 




 

 

 

 

852 「海のそばの会社」 9月16日


七里ケ浜にあるファーストキッチン。

湘南周辺で撮影がある時、
よく利用します。

湘南海岸広しと言えども、
国道より海側にある店は
それほど多くありません。

気候の良い時なんかは
テラスでの食事が気持ちいい。



駐車場で車の扉をガバッと開けたとき
入って来る磯の香りが明らかに都心とは違う、
ということを物語っています。

午後から鎌倉に戻り、撮影。

立ち会ってくれたデザイン会社の人たちは
ほとんどが鎌倉、もしくは大船に住んでいるらしい。

で、もって自転車で通勤している人も多いと訊く。



会社から海側に5分も走れば材木座海岸だから
仕事にくたびれたら、砂浜で散歩なんていうことも
あるいはできるかもしれません。

個人のクリエーターで湘南在住という人は多いかもしれませんが
そこそこの規模を持つ会社が海のそばにある、というのが羨ましい。

もちろんどんな仕事ができるかは分かりませんが
いろんなライフスタイルがある、ということを
あらためて感じた次第であります。
















851 「不思議なキンメの店」 9月8日




伊豆。

キンメダイのヅケ丼。

すりおろしのゴマときざみ海苔がゴハンの上に。
そこに大量の切り身が乗っている。

これは美味かった。
夢に出て来そう・・・。



ここでは数回、食べていますが
いつも不思議に思うのが元気の無さなんですよね。

無愛想というのではなく
なんだかよそよそしい・・・。

誰もが視線を合わせず、ボソボソ喋る。
何回通っても知り合いにはなれなさそう。

僕がつまらないジョークを言っても
誰も笑わない・・・。

無口でシャイな家族経営なのだろうか。

美味いんですが
いつも消化不良な感じなのでした。

やれやれ。





さてバランタインです。
今回の物語がいちばん好きかもしれません。

良ければどうぞ。

http://www.ballantines.ne.jp/hotelbar/






850 「地方で美味いメシ」 9月1日




名古屋。

コーヒーグルービー。
今時、グルービーて、あんた・・・。

あんかけスパゲティが人気らしい。





三茶にコメダコーヒーができた。
名古屋のチェーン店でとても人気があります。

温かいパンの上にソフトクリームを乗せた
シロノワールというのが、なかなか美味い。





そういえば東京で喫茶店にいくことが
まったくなくなりましたね。

タバコを吸わなくなったことが
まず考えられます。

それと普段から運動をしているので
休みたいな、座りたいな、と感じることが
それほどない、ということもあると思います。





あと 食事に出かけることも
ずいぶん少なくなりました。

東京の美味い店はたいてい混んでいて、
落ち着かない、ということがあります。

ただ地方ロケに行く際の店選びは半端ではありません。
徹底的に調べ上げ、現地では店構えやメニューをチェックし、
換気扇からの匂いを嗅ぎ、看板灯、清潔さを確認します。

古くても清潔であることが大事です。
不衛生な店が細やかな心遣いができるとは思えません。

そしてその時の気分に合ったゴハンを食べます。
漁村だからといって、魚を食べなきゃ、とは思いません。
何を食べたいかな、と考えて食べるよう心掛けています。





僕はぜんぜんグルメではないですが、
ロケは大変ですから、せめて食事くらいは
美味しいものが食べたい、と思っています。

機材抱えて、日本中を転々として
おまけにメシまで不味いと最悪ですからね・・。

晩飯が美味かったりすると
ちょっと幸せな気分になります。





ではまた。





top