896 「本完成」 9月20日




バーボンを使って作る
ミントジュレップの冊子が出来ました。

イヤッホー!



40ページほどで、いろんなミントの紹介や
扱い方などが詳しく書かれています。

『スペアミントとペパーミントの比率は6対4』とか、
コダワリの次元が高過ぎて、あーでもプロっていうのは
こういうもんなんだろうなぁ、と読み物としても面白い。



イラストは大崎吉之さん。
馬の毛のテカり感がいいですね。

上手く絵が描けるって羨ましいぞー。



デザインは洋書のようにシックです。
イヤッホー!



この撮影も真っ昼間だったんですよね。
おまけにものすごい逆光が・・・。

普通に撮れるのは当たり前ですが
何とか夜感が出せないか、と
ライトを右に左に,上げたり下げたり・・。

その甲斐あってか、昼っぽさは
なくなったように思われます。

ほっ・・。



以前、891の日記で書きました
小説家の真山仁さんの記事です。



拡大。

手前ミソですが超カッコいい・・・。

主題である人物とウイスキーボトルに光を当て
その部分だけを浮き上がらせる。

書くのは簡単だけど、
これがなかなか難しい。

マスターするのに
軽く50年はかかるのだ。←うそ


真山さん、金澤さん、
ありがとうございました。



エーゲ海クルーズ。

サントリーニ島から。
右に乗って来た船が見える。



船のプールサイドから
世界遺産ヴェネツィアを望む。

ここからイタリア人との戦いの火ぶたが
切って落とされた。



今思い出したが、イタリア人の少女は
おそろしいほどキレイなのだ。

みんなゴクミだと言っていい。
船の中はゴクミだらけだ。

しかしながら母親らしき人物たちの中に
ゴクミの片鱗を感じさせるものは、
皆無と言っていいだろう。

ナゼだ・・・。



そういった意味では本物のゴクミが
いつまでもゴクミであるのはすごいことなのだ!
と男カワダ、小トドのような母親たちを見て唸る。



日記の旅写真を見て、「こんなんでプロって大丈夫かいな」
と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、
そこは男カワダ、やるときはやるのだ。
フフフ。

チャオ! ← イタリア語だった・・・。




 

 

 

 

 

895 「先週」 9月15日

また間が空いてしまいました。
落ち着いて書く時間がなかったのですよ。

とりあえず先週の一週間を・・・。






月曜日 S林業新聞広告 

以前、同じ媒体で「社長、市川猿之助」のポートレートを撮影したが
その写真を見た会長から、カメラマンはこの人でお願いしたい、と
指定があったらしい。感動・・・。
でもギャラはたぶん変わらない・・・(涙。






火曜日 ジャガーランドローバー

J&L青山の広報誌。
もうかれこれ7,8年は続いているはず。
あいかわらずジャガーもランドローバーも買えない・・。

現在、広島でコーチをしている石井啄朗さんを撮影。

ご本人のブログでマネージャーが撮った
撮影風景がほんの少しだけ出ております。

啄朗主義
http://takuro.aspota.jp/2013/09/







水曜日 竹本油脂 太白ごま油 
http://www.gomaabura.jp/

高級食材の太白ごま油を使い、
ル パティシエ タカギさんに
メニュー提案をしてもらう。

雑誌広告やパンフレットに使う。

お店は駒沢にあるので10分もかからない。
こういうの、好き。







木曜日 キャノン Cマガジン

キャノン マーケティングの広報誌。

今回は映像機器を個人の感覚に沿うよう
カスタマイズしてくれる職人集まる企業(簡単に言うと)。

例えばピントリングのネバリ感だとか、
ズーミングのバーの長さだとか、
感覚的に操作する映像職人の声を聞き、
その要求をカタチにする人々。

そしてその声がまた次の製品に生かされる。

職人のお話は聞いていて
ワクワクする。

素敵。








金曜日 バランタイン17年 ウェブサイト
http://www.ballantines.ne.jp/hotelbar/12/index.html

昨年まで1年ほど続いていた
バランタインの物語がまた始まります。

今回は20回くらいの連載になりそうなので
クビにならなければ、1年半くらいは続く予定です・・・。








そして明日は朝、横浜。
午後から都内で撮影です。

しかしながら朝から台風直撃の模様・・。
男カワダの運命やいかに・・・。









top